KubernetesとAWSマルチ環境クラウド最適化による運用効率化とビジネス変革

GitOpsの導入とKubernetesの運用最適化により、開発運用の効率化が実現し、CI/CDによるビルド、デプロイメント、リリース速度が5倍向上しました

SUMMARY

お客様紹介

株式会社ウフルは、「テクノロジーと自由な発想で未来を創る」という企業理念を掲げ、革新的な製品とサービスを通して顧客と社会の価値向上に貢献しています。”データの流通ビジネスの加速と拡大”をコンセプトに掲げ、IoT事業を含む、ノウハウを凝縮した自社サービス群 ”CUBE 01” や IoTオーケストレーションサービス「enebular」を活用し、エンジニア、クリエイター、コンサルタント、データサイエンティストなど多彩な人材が結集したチームで、事業戦略から技術支援、コミュニケーション戦略までワンストップで提供。お客様のビジネス創造をあらゆる側面からサポートしています。

課題

このプロジェクトではいくつかのご希望と解決すべき課題がありました。

Kubernetesの運用最適化、効果的な監視とサポート体制の構築、IaCの完全実装、 GitOpsのデプロイメントなどを推進したいという希望がある一方でCI/CDプロセスが未導入であるなどの課題もありました。

これらは、開発プロセスの遅延、手作業によって起こりうるエラー、煩雑なインフラ管理、市場への迅速な対応能力の低下を引き起こす要因にもなりえたため、運用効率とセキュリティを同時に高める抜本的な改善を望まれていました。

効果

GitOpsの導入とKubernetesの運用最適化により、開発運用の効率化が実現し、CI/CDによるビルド、デプロイメント、リリース速度が5倍向上しました。GitHub ActionsとArgoCDの活用、Terraformによるインフラ管理は、新機能開発の迅速化と運用リスクの低減に貢献。業務分離によりSREチームがインフラとデプロイメントを担当し、開発チームはコーディングに集中できるようになり、全体の生産性が向上しました。このモダン化は、運用効率の向上とビジネス価値の最大化、組織全体の協働強化に寄与しました。

企業名

株式会社ウフル

業界

IT

企業Webリンク

https://uhuru.co.jp/

導入サービス

KubernetesとAWSマルチ環境クラウド最適化による運用効率化とビジネス変革

GitOpsの導入とKubernetesの運用最適化により、開発運用の効率化が実現し、CI/CDによるビルド、デプロイメント、リリース速度が5倍向上しました

Industry

IT

企業Webリンク

https://uhuru.co.jp/

Featured Services

SUMMARY

The Client

株式会社ウフルは、「テクノロジーと自由な発想で未来を創る」という企業理念を掲げ、革新的な製品とサービスを通して顧客と社会の価値向上に貢献しています。”データの流通ビジネスの加速と拡大”をコンセプトに掲げ、IoT事業を含む、ノウハウを凝縮した自社サービス群 ”CUBE 01” や IoTオーケストレーションサービス「enebular」を活用し、エンジニア、クリエイター、コンサルタント、データサイエンティストなど多彩な人材が結集したチームで、事業戦略から技術支援、コミュニケーション戦略までワンストップで提供。お客様のビジネス創造をあらゆる側面からサポートしています。

The Need

This is some text inside of a div block.

The Results

GitOpsの導入とKubernetesの運用最適化により、開発運用の効率化が実現し、CI/CDによるビルド、デプロイメント、リリース速度が5倍向上しました。GitHub ActionsとArgoCDの活用、Terraformによるインフラ管理は、新機能開発の迅速化と運用リスクの低減に貢献。業務分離によりSREチームがインフラとデプロイメントを担当し、開発チームはコーディングに集中できるようになり、全体の生産性が向上しました。このモダン化は、運用効率の向上とビジネス価値の最大化、組織全体の協働強化に寄与しました。

5

X

加速された開発とデプロイメント

99.99~

%

高可用性の実現

2

X

スケーラビリティ向上

80

%

運用リスク削減

Use case

事例詳細

この事例では、ウフル社が直面していた開発と運用の課題を、GitOpsとKubernetesの導入によって効率的に解決することができました。GitHub ActionsとArgoCDを活用したCI/CDパイプラインを実装することで、ビルドからデプロイメント、リリースまでの速度を改善しました。これにより、新機能の市場投入速度が5倍に加速し、手作業による遅延やエラーのリスクが削減されました。

インフラ管理にはTerraformを用いたInfrastructure as Code(IaC)アプローチを採用し、インフラの可視性を向上させるとともに、新規開発者のオンボーディングプロセスを簡素化しました。この取り組みにより、インフラとアプリケーションの両方でコンプライアンスと監査プロセスが効率化され、全体の運用効率が向上しました。

業務分離と役割の明確化は、AWSインフラとKubernetesインフラの管理をSREチームが担当し、開発チームがコーディング、アプリケーションのビルド、テストに集中できる体制を整えるという戦略的な取り組みでした。このアプローチにより、開発チームの生産性が大幅に向上し、運用リスクが低減され、ビジネスの競争力がさらに強化されました。

この事例は、GitOpsとKubernetesを中心に据えたモダン化アプローチが、技術的な課題解決と組織内協働の促進、さらには運用効率とビジネス価値を最大限に発揮する事を示すよい模範になるでしょう。

Before

マルチアカウントの AWS 環境における一貫性の追求: 複数のクラウド環境をまたぐ際の設定に一貫性を持ち、かつ効率的な管理を目指す要件がありました。これは、運用の簡素化と管理の効率向上に不可欠でした。

Kubernetes運用の最適化: Kubernetesのセキュリティ設定に関して、より細かなアクセス管理とセキュリティ強化の余地があり、また未使用リソースの特定や適切なスケーリングが難しい状況でした。この最適化は、全体のセキュリティ体制を強化し、システム保護を向上させるものとなりました。

監視とインシデント対応の整備: 効果的な監視ツールの適切な利用とインシデント対応プロセスの構築により、システムの安定稼働と迅速な問題解決を目指したいというご希望がありました。これはサービスの信頼性をさらに高めるためのステップです。

CI/CDプロセスの導入と最適化: CI/CDプロセスの未導入、手動でのデプロイメントが必要で開発からリリースまでの時間が長くなっており、生産性が低下していました。

After

マルチアカウントの AWS 環境管理強化: オンデマンドでのリソース提供とTerraformのIaC導入により、開発運用効率が向上。柔軟なリソース配分とセキュリティ強化を実現し、一貫性のあるIT基盤を確立しました。

Kubernetes管理最適化: SREチームによるKubernetesの全面管理で専門領域を確立。RBACの精緻化によりセキュリティが強化され、開発チームは機能開発に専念。セキュリティとスケーラビリティが向上しました。

CI/CD自動化: 開発チームとSREチームの役割分担によりCI/CDプロセスを自動化。ArgoCDでスケーリングとブルーグリーンデプロイメントを実現し、迅速で安定したデプロイメントが可能となりました。

監視とインシデント対応改善: 先進的なツールと自動化により監視とインシデント対応を強化。業務分担を明確にすることでチーム間のコラボレーションが向上。システム安定性とサービス信頼性も上がりました

サービス導入後の効果

5

X

加速された開発とデプロイメント

GitHub ActionsとArgoCDによるCI/CD導入で実現した、開発とデプロイメントの5倍の加速。

99.99~

%

高可用性の実現

先進的な監視ツールと自動化されたインシデント対応により、システムの可用性が99.99%に到達。

2

X

スケーラビリティ向上

TerraformとKubernetesの専門的な管理により、セキュリティが統一・強化され、システムのスケーラビリティが向上。

80

%

運用リスク削減

業務分離による役割の明確化と自動化プロセスの導入で、運用におけるリスクが大幅に低減

Tools & Technologies

Aokumo leverages several Amazon services

No items found.